Batik Gallery  バティックギャラリー Indonesian Batik on-line shop
pelan-pelan プランプラン
Home 注文方法 Batikの魅力 pelan-pelan 紀行 お問い合わせメール 通販規約 参考文献
 
トラジャ水牛紀行 3

トラジャの伝統儀礼において、水牛と並んで重要な役割を果たすのが儀礼布です。それらは先祖伝来の聖なる布で、主に葬式儀礼において結界を作るために下げられます。儀礼の特別な参加者が座る桟敷の壁面や天井、棺が置かれる小屋の正面にも下げられます。また棺を覆ったり、供犠される水牛の胴体を飾ったりもします。そして遺体を家で安置する段階では、遺体の前に下げられたり、死者の霊魂を表すものとして丸めて死者の枕元に置かれたりもします。

その中で主要なものがマア(maa'もしくはマワ/mawa')で、インドから輸入した染織はマア・インディア、トラジャで制作された染織はマア・トラジャと呼ばれます。マア・インディアは、貴族の地位や名誉を表すものとして大切に扱われました。また、サリタ(sarita)は細長い幡をさし、儀礼の際に重要な人物が身に付けたり、特別な参加者が座る桟敷の壁面にめぐらされます。他にも、スンバやティモール島などの遠来の染織がマアと同様に用いられます。

トラジャで作られるマア・トラジャやサリタは防染法で制作されることが少なく、染料を浸した竹製のペンや木版で直接文様を描いたり、型押しして制作されることが多いようです。

                                

 

インドから渡ってきたマア・インディアは、それらのほとんどが研究者や蒐集家の手に渡り、現在トラジャで見ることは難しいそうです。しかしインドの主要な文であるパトラ文や、象や兵隊が描かれた戦の文などを模した儀礼布がマア・トラジャとして制作されており、その名残が感じられます。

マア・トラジャの主要な文様には、インド文、生命樹文、トンコナンにも見られる幾何学文、人間や動物、そしてシリ(びんろう)の葉などの文があります。それらの文様が何通りにも組み合わさって、トラジャ独自の世界観を表しています。

 
トラジャは絣の産地としても有名です。右はトラジャ北部地域のロンコンで作られた絞り染め。どちらもマアと同様に儀礼に用いられます。
                                
トラジャの婚礼衣装。神の加護を象徴する黄色の衣装を身に着けます。(すべてマカッサルのロッテルダム要塞内の博物館展示のもの) 祝祭儀礼の女性の衣装。カンダウレ(kandaure)というビーズ飾りは富や豊穣、子孫繁栄を象徴しています。 葬式儀礼の女性の衣装。神への奉納品であるシリ(びんろう)を入れるバッグを肩から掛けています。
                                

トラジャはまさに文様の洪水・嵐のような所だと思います。生活や儀礼の全てに文様を埋め尽くし、幸福を願うのだと思います。トラジャ人の精神と美意識にあふれたそれらの文様に、揺るぎないパワーを感じました。

また自然が本当に美しかったので、リフレッシュしたい方にもおすすめです!(完)

 
トラジャの染織物を紹介している書籍です。
インドネシア・スラウェシ島の染織 聖なる布の系譜/福岡市美術館/2,000円 木綿の島々 インドネシアの染織/福岡市美術館/1,500円 知られざるインド更紗 南海の島々インドネシアにおける発見/水戸市立博物館/2,200円 Early Indonesian Textiles from Three Island Cultures/Metropolitan Museum
儀礼布の説明で参考にしたホームページ
 ・牛の博物館(トラジャの布)
 ・JT生命誌記念館(生命の樹)
トラジャの伝統儀礼・建築・衣装・音楽・舞踊などの情報を紹介しているホームページ
 ・BATUSURA
 
TOP  トラジャ1  トラジャ2  マカッサル